栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


平成30年7月 東洋はり医学会定例会

今回は普通部1年での実技指導が有りました。
午前中の講義の時間から、普通部1年の部屋に行き、聞いていましたが、皆さん、それなりに育ってきているんだなということが、よくわかりました。
講義をするというのは、なかなか難しいものです。私など、未だ、思うように行かないことから、人前で話をするというのは、大変苦手です。
 
取穴1 治療法則から見た、取穴について、その理論背景などについて、担当班員に、説明しました。
このことについては、国家試験などにも、常に出題されるような基本的な理屈であることから、ほとんどの班員は、理解していました。その再確認ということで、説明をした程度で終わりました。ただ、実際の臨床の場では、理論通りに行かないということも、理解して貰えればというところです。納得が行かなければ、実際にはりをして、やってみればいいのです。どちらが、良いかは、判断がつくはずです。
 
取穴2 今回は心経・小腸経の五行穴・五要穴について、開設、実際にそのツボを取って示しました。
 
基本刺鍼 補法について、数回私が受けてまた、私が実際にやって見せてという形で行いました。
初心者にありがちなこととしては、はりを抜いた際、ふたをする訳ですが、これが遅れるということ。
抜鍼とほぼ同時に、押手にて、フタをする動作が求められます。何も大きく動かして、ふたをする必要はなく、ほんのちょっぴり動かすだけでも、その目的はたっせられるはずです。
これはもう、慣れるしか有りません。繰り返しの練習あるのみです。
 
証決定 大まかな証の立て方を示しながら、皆さんの意見も聞きつつ、行いましたが、なんと、すばらしいことに、私の考えと、班員の皆さんの意見が一致したということで、大変スムーズな進行ができました。
どうか、普通部1年の皆さん、このまま、素直に、育って行って欲しいと念願する次第です。きっとその先には、経絡治療習得という、目的が達せられるはずです。
はりは、全て、私が行いましたが、二人の模擬患者となってくれた班員は、「呼吸が楽になった」とのことで、これはまずは、基本的なことで、大変良かったと思っています。
腰痛など、多少の症状を持った方には、自分でできる治療ということも交えて、或いは、自身が治療家として取り組む場合にも、参考となる部分を示して、ここを緩めてやると良いというような点を、示せたのも良かったかと思います。
 
講師研修会
今月末に行われる「国際指導者研修会」のリハーサルを兼ねて、小里方式による研修を行いました。
各自の課題を指摘し、終了。
今回、模擬患者となりましたが、はりをするのも楽しいですが、こうして患者となってみると、皆さんの状況が本当に良くわかると改めて、感じた次第です。
どうか、指摘を受けた部分については、素直に受け入れ、手直しして貰えればと思う次第です。こうして、治療家としても、育って行くものと思います。私もそうでした。自分よりレベルの上の先生方と研修会ができるというのは、大チャンスです。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ