栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


平成30年4月の東洋はり医学会 定例研修会

4月の東洋はり医学会、定例研修会は毎年、第4週の日曜日位に行われています。
といいますのも、新会員の入会式があること、国家試験の合格発表が、3月最終日曜日に行われており、やはり、確実に免許を得てから、入会したいと思うのは、誰しもそうではないかと思います。
そんなことから、4月末に行われています。
 
蛇足ですが今年の鍼灸の国家試験は、合格率が悪かったとか、試験問題の傾向が変わったのでしょうか、出題者が変わったとか、何か、問題を作る側の変化ではないかと勝手に、想像しています。資質向上を目論んでのことであれば結構なことですが、ただ、鍼灸は技術です。筆記試験のみで、その技術を判断できるかどうかは、大変疑問の残るところですね。
 
蛇足が長くなり、本題から外れましたので、戻します。
 
日程は、午前中に入会式、午後から、各部に別れて講義・実技研修です。
 
今年は、私は、研究部に
経絡治療習得班
という自主研究班を立ち上げました。それは、経絡治療を、全般的に行う班がないからです。「基礎技術確認班」というのが有りますが、どうも、あまり上手く行っていないような気がしてなりませんでしたので、思い切って新たな班を作りました。
ここでは、基本的な技術力で、経絡治療が成り立つということを示すこと。そして、それをどのようにして伝えれば、確実に次の人達に理解して貰いやすくなるのかということを、研究して行きたいと考えています。
 
まずは、自分自身が経絡治療で手応えを確実に持って貰わなくてはなりません。各項目をしっかりと勉強し、技術として身につけて行こうということから、以下の様なことを研修して行きたいと考えています。
 
1.押手
2.取穴
3.基本刺鍼
4.正しい証決定
5.適切な適応側
6.効果のある奇経治療
7.標治法あれこれ
 
その中から、今回の研修では、1.2について行いました。
 
1.押手
最近はあまり指摘されなくなりましたが、押手の下面、つまりは、皮膚面に当たる部分は、隙間があってはなりません。気が漏れるからです。可能な限り隙間を無くして、気がもれないようにする必要が有ります。
気が漏れれば、はりを受けてもすっきりとした感覚はなく、何となく重だるい感じが残ったり、具合が悪くなることさえ有ります。もちろん、我々が中心として考えている脉診にも、良い影響は見取ることは不可能でしょう。せっかくはりをしても、「はりをしました」というような脉にはならないはずです。
時間のある限り、この隙間を無くす修練をしてください。ということをお願いした訳です。
私自身も、時々押手の二本の指を合わせて、隙間ができていないかどうかの確認をしています。
また、これと同時に、押手を作る場所、つまりは、実際には患者さんにはりをする訳ですが、患者さんと自分との立ち位置を考えた姿勢というのも考えなくてはならないということです。
はりをしにくいような場所に立ってしまっては、押手に力が加わってしまい、良い結果には繋がりません。立ち位置と、力をふ抜いた状態を作るということが大切です。
 
2.取穴
はり治療によく使う7つのツボというのが有ります。陰経七穴と我々はよく呼んでいますが、この7つのツボは、確実に取れなくてはなりません。最低限、部位と、取り方について、その文言を暗記していなくてはなりません。一言一句正確になどと言うつもりは全く有りません。意味が通じれば多少、言い回しが違ってもかまわないと思ってはいますが、難しい言葉にしてしまっては逆にわかりにくくなりますから、そういうことをしてはならないということです。
標準位置というのが定められている訳ですから、まずは、そこに確実に指が行くようにする。ツボを捉えるのは、人差し指のどの部分であるのか、取穴したらすぐに、押手を構えて、はりができる体制で取穴しなければなりませんので、このことも考えた上で、ツボを取る必要が有ります。
 
残念ながら、今回は、全ての七穴を行うことはできませんでしたが、次回に残りを行いたいと思います。
 
少々、専門的な話になってしまいましたが、研修会で、どんなことをやっているのかという一端が、ほんのちょっぴり、おわかりになったのではないかと思います。それで十分です。ありがとうございます。
 
研修会終了後、仲間たちと共に、居酒屋へ行きました。2時間ぐらい飲んで、もう一軒、ちょっと腹ごしらえして、解散となりました。
 
研修会も無事に終了。次は、5月13日と、以外にすぐに行われるのが5月の研修会の特徴です。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ