栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


一般社団法人 栃木県鍼灸師会の総会

おそらく10年ぶり以上に、鍼灸師会の総会に出席しました。全くの不良会員ですね。
メインを、東洋はり医学会においていましたので、そちらを優先して出席していたところ、そんなことになってしまいました。
 
鍼灸師会、私の所属しているのは、
一般社団法人 栃木県鍼灸師会
とい会で、鍼灸院を運営している皆さんで、組織した会です。
 
考え方が甘い性か、会場についたとたん、総会会場がわからなくなり、役員の方に電話してしまうという失態もおかしながらも、会場である宇都宮市文化会館会議室に到着しました。
 
昨年度の事業経過・決算などの報告、そして、今年度の事業計画案・予算案・役員改選などの審議事項が滞りなく行われ、無事、終了することができました。
 
午前は、総会、午後は、保険講習会というスケジュールで、1日の日程が終了しました。
 
鍼灸の保険は、なかなか思うように進まない状況ですが、この秋には大きく、変わるようです。今回は、概略の説明のみでしたが、健康保険は今後は、統一された運用が行われるようになるようです。ただ、どうしても壁になるのが、
同意書
です。
対応疾患が決められているのは結構なのですが、医師の同意書をもらわなくてはならないというのは、場合によっては、なかなか困難な場合も有ります。こんなことをするのも、不正に鍼灸を受けようとする人を、判別する為のものとは思いますが、元々鍼灸の場合は、病名で、治る・治らないを判断するようなものではないし、調子も何も悪くないのに、鍼灸治療を受けようとする人が、いるのかなと、ずっと思っています。
マッサージなどとなると、慰安と、医療の線引をどうするかということで、問題になったことも有りましたが、鍼灸はそういうものではないと思っています。皆さんはどのように感じることでしょう。

20180408kegongo.JPG
ということで、予定は全て終了これまた、久しぶりの東武電車にて、大宮へ向かいました。
画像は栃木駅で、撮影した「けごん号」ですが、今回の投稿とはほとんど関係は有りません。ただ、電車を待っている時に、たまたま入線したということで、撮影してみました。
この頃、YouTubeなどで、鉄道や、飛行機で旅をする動画にはまっていまして、自分もやってみたいなとは思いつつも、できる訳もないので、ちょっとだけ、真似事をしてみたというところでしょうか、→ゼンゼン真似事にもなっていないですよね。→失礼しました。

更新

<< 前の記事

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ