栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


考え方は、人それぞれ。最後の研修会

第19期 門徒推進委員要請連続研修会 略して 連研
2年間にわたって続けてきたこの研修会も終わりとなりました。今回は、東京の築地本願寺での1泊研修会、私は初めてここに行きますので、どのような所か、少々、興味も有りました。
同じ寺である長延寺から、私を含めて4名の参加ということで、新幹線にて東京へ、地下鉄でとの予定でしたが、タクシーでもそんなに遠くないのではとのことから、八重洲口からタクシーに乗りました。1000円少々ということで、わりと近いことにも驚きました。
 
築地本願寺の敷地内には、レストランなどもあって、結構人が集まっていました。和食の店で、うどんと丼もの(いくら・ねぎとろの二色丼)を、私は食べました。
午後1時から、研修開始、今回のテーマは
一緒にいて安心できる人は誰か?、どんな時か?
お寺とはどんな所か?
というテーマで、各班の話し合いになりました。
やはり、圧倒的に家族で、奥さんとしては、「旦那」と応えた人が大半でしたが、「必ずしも旦那とは言えない」と、強調された方もおり、みんな同じではないんだなということがよく分かりました。
どんな時に、安心できるのかは、毎日のお参り・おつとめ・手を合わせた時から、これまた、仕事が終わって、夕食を食べ、テレビなどを見ながらの「ホッとした一時」という方が数名おられました。私はなんと言っても、安心できるのは、温かい布団に入った時かなと思っていました。特に、この時期になると、もう、最高です。
 
ということで、研修会とは言え、こんなたわいもないテーマで、みんなと話をするだけのもので、これがいったい、何の為になるのかと最初は、思ったものでしたが、改めて、皆さんの考えを聞いてみると、自分と同じ考えの人・全く違っていた人など、改めて、
人それぞれ
なんだなということがよく分かりました。
 
他人の考えを否定してはならないとのルールですから、うっかりすると否定的なことを言いそうになったことも有りましたが、常々それは考えていたこともあってか、そういう場面は自分ではなかったのではないかと思っていますが、どうでしょう?
 
夕方は懇親会を行い、何時もよりは早く眠りについたという1日でした。
築地本願寺の宿泊施設は、昔の修学旅行で泊まったような安い旅館ってな感じでした。今となっては、こういう所に泊まる人というのは、少なくなってしまうのではないかと思います。ホテルのシングルルームで、のんびりした方がいいと思ったのは、私だけではなかったのではと思いました。
 
翌朝は6:30に起きて、7時からのお朝事、いってみれば、おつとめですね。本堂に行き、茨城県から来ているという僧侶による話なども聞き終わりました。
 
有難う
とは、あることが難しいと書くというような話で、よくよく考えてみれば、あることは、本当に難しいのかもしれませんね。あまり考えたことも無かったのですが、改めてこうして考えれば、私はあちこちで「ありがとう」と言ってますが、なんだか不思議な感じになりました。
 
朝食後、荷物をまとめて本堂へ、これが修了式。代表の方が証書を受け取り東京教区教務課長の話を聞いて研修室へ移動。ここで、各個人へ修了証を渡して全ての日程終了。
凡そ、2年あまりにわたって行ってきた研修会もこれでおしまいです。
敷地内のカフェレストランへ、長延寺の皆さんと共に行き、コーヒーと、ロールケーキのセットを食べて、最後にやはり、築地といえば、寿司を食べなきゃということで、行列ができているという寿司屋に並びました。30分程度待ちましたか、店内に入り、2800円の握り寿司を食べました。数巻ずつ3回に分けて出されたこともあってか、そこそこに満足のできたものでしたが、味音痴な私には、これが美味いものだったのかどうかは、分かりませんでした。握りも小さいですから、ネタも小さくて、もうちょっと食べたかったなという気もしないではなかったのですが、まぁ、そのくらいが丁度良いのかもしれませんね。→腹八分目とか言いますからね。
 
東京駅で皆さんとお別れし、私は友人宅へ行きました。

↓ 修了証です。
20180311renken.JPG
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ