栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


社会鍼灸学研究会

時々この研究会には、参加している。鍼灸を取り巻く社会情勢を知るには、なかなか素晴らしい研究会で、このような発表が聞けることは大変有り難い。
 
今回は、来年度から行われる鍼灸学校のカリキュラム改正と、健康保険問題が大きくテーマとなっていた。
 
鍼灸学校を含めて、専門学校・大学など、単位制となり、時間数ではなくなり、そこには、問題もあるとか、中には、かなり時間数を減らしている学校もある話も出た。
まぁ、私に取っては、既に学校は終わって、免許は持っているので特に関係ない話ではある訳だが、無関心でいる訳にも行かない問題だ。
 
健康保険
なぜか突然、健康保険の受領委任払い、つまりは、現物給付が浮上してきている。
鍼灸の保険問題となると、どうしても避けて通れないのが医師による同意書であるが、これはまだまだ、解決できないようである。しかし、受領委任払いが滞りなくスムーズに行えるようになれば、それはそれで、大きな進歩といっていいだろう。
やはりどうしても、医療費というのは重要な問題で、いくら、鍼灸が効くといっても、高額であれば、なかなか来院しにくいのも事実。
 
現在は、療養費といって、一度、全額を支払って貰い、後から、保険者にその差額分を返金して貰うという形になっている。審査する側も大変だろうが、治療を受ける側も大変だ。
 
制度というのは、使いやすくすることも重要だが、悪用する人のことも考えないとならないので、ここが面倒な書類作成につながってしまっていると思う。
昨今は、「個人情報保護とやらで、書類を書く場面がかなり増えている。それだけ書類を書いて、本当に保護されているのだろうか、大変疑問だ。
 
社会生活をするには、個人情報を晒さないことは正直、不可能ではないかと思っているが、みなさんはどのように考えているのでしょう?
 

更新

<< 前の記事

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ