栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


経絡治療学術大学技術講座

東洋はり医学会では、2年に一度、表記の講座を、開催しています。
今回は、浅草ビューホテルにて行われました。このホテルで行うのは3回目です。
三日間、ホテルに宿泊して行われる講座で、私がこの会に関わったのも、この講座でした。
当時は、熱海温泉で開催されており、ホテル全館を借り切っての大掛かりな講座でした。
 
この講座は、普通科・高等科・研修科の三つのコースに別れており、海外会員に対しては、別に「海外研修班」を、設けて開催しています。
三日間、実技研修を中心に朝から夕方までびっしりと日程が決められており、ホテルに缶詰状態です。
 
私は数年前よりこの講座では、講師を担当していますが、今回の担当は、本会のベテランの会員が集まる「研修科」となりました。
与えられたテーマは、「標治法」でした。
 
標治法とは、なにかと言うと、私は経絡治療という鍼灸の治療術である方法を行っている訳ですが、この治療術には大きく分けて、三つ有ります。
本治法・標治法、補助療法の三つです。
 
本治法とは、最初に患者さんの体を診て、脉を診て、手・足に僅かなはりを行ないますが、これを、本治法と言っています。
これこそが、この治療術の根幹をなすべきものであって、これは大変重要な治療です。
生き物全てが元々持っている「自然治癒力」を、強化するものです。
つまりは、この治る力を強めて病気や症状を治して行こうという考えから行われているものです。
ここが現代医学との大きな違いです。
 
人には、気というものが、体中、流れていて、これが命の元となっていると古代の人達は考えました。
その気の不足した状態または、邪気といって、邪魔な気が入り込んだ時が、「病気」ということになるのです。
 
よって、鍼灸はその、不足した気を補ったり、邪魔な気を取り去ることが目的なのです。
太いはりを刺して、「ズズズ~ン」というような強い刺激を与えることが目的ではありません。
なんせ、3千年前には、神経すら理解されていなかったのですから、
 
補助療法は、上記の本治法では、足りなかった場合、行う治療法で、いくつかありますが、ここでは、省略します。
まぁ、これで症状の改善がなければ、こっちというように、いくつか方法を予め、持っているということになりますね。
持ち駒が多ければ多いほど、色々な場面に対応できるという訳です。
 
標治法、さて、その今回私が担当した標治法ですが、これは、平たく言えば、症状のある部分に直接はりをするというものです。
 
今回行ったのは、首・肩、鼠径部などで、特に反応の出やすい部分を示し、そこにはりを行うというものです。
 
日常生活の中で、症状や、反応の出やすい部分というのは結構あるもので、それに対してどのようなはりを行うかというものです。
 
そして、私が何時も、治療室で行っているように、最後に両方の手・足に台座灸を行ないました。
これも、どのような部分に台座灸を行うかを、示し、皆さんにやってもらい、体験して貰うというものです。
 
以上、これらの実技を6班に別れたグループに対して、100分ずつ行うという方式で、三日間で各班を回るという仕組みになっています。
 
他にも、夕方には、入会説明会・実技公開・支部長会議なども行われまた、講義や、症例発表も有ります。
 
三日目の午後には、海外会員との交流会として、「国際交流会」も行われます。
 
全国、いや、世界から、2年に一度、集まる会ですから、夜は遅くまで酒を酌み交わすなどということも有り、大変疲れますが、これもまた、大きな勉強の一つ。
今、改めて数えてみれば、講師として9回、受講生としては、4回、参加していました。気がつけば、講師として参加した方が多くなっていたんですね。
 
次回、2年後には「60周年記念大会」が、行われる予定です。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ