栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


FF式暖房機使用レポート

患者さんよりよく質問されますので、ここに詳しく書きます。但し、これはあくまでも木下個人の感想ですし、間違ったことを書いている可能性も有りますから、最終的な判断は皆さんご自身でお願い致します。

※かなりの長文になりました。興味のない方は、読まないでください。

 

今回購入したのは、

CORONA(コロナ)の FF式暖房機 ff-ag6816H

というストーブです。

 

正直、このストーブを買って大変良かったと思っています。大満足です。

 

これまで、私は、パナソニックの石油エアコンというのを使用していました。

今では、このような機械は販売されていないと思いますが、冷房は電気での運転ですが、暖房は石油も使うという珍しい?、エアコンでした。

電気のみでの暖房は、やはりそれほどは温まらないものと思っていましたので、丁度、そんなエアコンがあったことから、導入してみました。

 

使用感ですが、悪くはないと思っていました。このエアコンを入れる前は、普通の「温風ヒーター」を使用していました。

ご存知の通り、これは、排気も室内に出てしまいますので、若干の臭いがします。加えて、我が家は軽量鉄骨のプレハブ住宅ということから、密閉度も高い為か、壁のクロスがかなり汚れてしまったのです。

ほどなくして、前述の石油エアコンを導入しましたので、排気の部分は解決しました。

 

エアコンも20年ぐらい使っているとやはり、機能は劣る訳で、特に、冷房の部分では、かなり落ちてしまいました。

暖房にあっても、寒い冬などは、なかなか着火せず、苦労していましたので、上に書きました様に、FF式暖房機の導入を考えました。

 

私は、大きな買い物の場合、こんな手順で購入しています。

 

1.自分に合ったものはどれか

2.いくつか候補を上げる

3.価格の安い店を探す

 

だいたい、こんな感じで購入するものを考えています。

では、今回のことで、具体的に書いてみます。

 

1.自分に合ったものはどれか

 まずは、暖房機で最も温かいのはどれかを考えました。

もちろん、ここで大変役立つのはインターネットです。

ただ、今回は、ずいぶん前から、暖房機はFF式がいいとは友人から聞かされていました。

一番の理由はやはり、排気が外に出せるということで、部屋の中は、汚れないということです。

最近では、エアコンでも、寒冷地用として発売されている機種も出ていますので、おそらくかなり寒いところでも、温かいのだろうと思っています。

しかし、どうしても、電気単体では、期待するほどではないのではと思い、FF式を中心に考えていました。

昔、富士通から出ていた 温水暖房も考えましたが、あまりメジャーな存在にはなっていませんでした。

 

 

2.いくつか候補を上げる

 

暖房機・ストーブといえば、専門メーカーは、

トヨトミ

ですよね。それと、今回購入した コロナが、有名かと思います。

そこで、これらのメーカーから、幾つかの機種を選びました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、FF式といっても、反射式・温風式・両方

と、三つの方式が有ります。

 

トヨトミは、温風と、反射の両方を兼ね備えた機種を選びました。

コロナは、反射式が多く、選んだのはやはり、反射式でした。

 

反射式とはいえ、ファンが付いているのだから、多少は風が出るんだろうというくらいの考えでした。

 

 

3.価格の安い店を探す

 

さて、いよいよ購入の段階となると、どこで買うかということになりますね。

当初は、大手の量販店を考えていました。

しかし、何の気なしに

楽天市場

を検索してみたところ、一番欲しかった機種が、とんでもない価格になっていました。

 

大手量販店の半額に近い値段です。

よって、この機種は欲しかったのですが、別の機種を考えていたのです。

当初予算は、11万円弱、でも、一番欲しいと思っていた機種は+1万円で手に入る。となれば、予算オーバーですが、そっちに行くのは、当然な話

よって、

 

CORONA(コロナ) FF式暖房機 ff-ag6816H ウッディーゴールド

ということになったのです。

 

この機種には、色違いで「ホワイト」も有りました。明るくて広い洋室であれば、ホワイトも良いかと思いますが、私は、治療室ということもあって、落ち着きのあるウッディーゴールドにしました。

患者さんからも、落ち着きがあって良い色ですし、デザインもいいですねと言われています。

私も色・デザイン、大変気に入っています。

久々に、大満足のものを買えたなと思っています。

 

さて、反射式と、温風式ですが、比べた訳ではないので何とも言えない部分もあると思います。

しかし、私は、反射式が良いのではないかと思っています。

というのも、暖房機本体にパネルがあって、その中で、火が萌えている訳ですね。遠赤外線対応になっていますから、ストーブの前にいれば、大変温かいし、少々離れた所に立っていてもあたたかみが感じられます。

治療していてもカーテン越しに温かみが伝わってくるんですね。

それと、物が、比較的早く温まるということ、これには、大変驚きました。やはり、遠赤外線効果なのでしょうか、運転開始からそれほどの時間も過ぎていないにも関わらず、周りの色々な物が温まっています。

 

トヨトミの温風・反射式は、これも良いとは思いますが、コロナにした理由は、デザイン(笑)でした。

なんといっても良いと思ったのは、ブルーの火です。

炎といえば、ほとんどは、オレンジ色ですよね。普通の反射式の石油ストーブがこれかと思いますが、これがFF式になって、温風も出る様な感じになります。

こういったタイプはよく見かけますが、青い火のものは、これまで見かけたことがなかったこともあって、結構これに執着していました(笑)。

ガスだと、青い火ですが、石油となるとそうはないと思います。患者さんからも

ガスですか

と、聞かれます。

 

石油の消費量ですが、その日の温度に寄って室内温度の設定を変えていますので、何とも言えませんが、4リットルから6リットル程度の消費と思われます。だいたい5リットル程度かと思っています。

使用時間は、朝7時半から、夜中の12時過ぎぐらいまで使用しています。

もちろん、仕事が終われば室温設定は下げています。18度設定ぐらいです。

仕事中は、22度から24度の間で設定を変更しています。治療室は、午後からは、日が差し込みますので多少は下げても問題なさそうです。

石油の消費量は、暖房機にある表示をそのまま書きました。今日・昨日・積算の三パターンで表示されます。

 

室内が、暖まれば「エコ運転」で充分です。

状況によっては、「微少」の設定でも充分です。1リットルで4,5時間運転できるそうです。室温の設定には関係なく最小の火力で運転し続けます。

朝早めの予約がある場合は、予め、早めに運転が開始されるよう、タイマーの設定をしています。

やはり、治療室と、待合室の二つの部屋を温めるには1時間半は、かかります。→室温7度ぐらいが多い様です。

40日あまり使って、一番寒かった日は、3度でした。

しかし、30分もしないうちに、10度以上に達しますので、思っていた以上に、温まるのは早いと感じています。

 

最近の機械はなにかにつけ、よくしゃべってくれます。この暖房機も、操作をするとしゃべってくれます。もちろん、消すこともできます。でも、

点火します

消化します

24度に変更しました。

エコ運転をセットしました

などと、色々しゃべってくれます。

 

最後に、設置ですが、上記にも書きましたように我が家は、鉄骨建てですので、壁の殆どには鉄骨のし筋交いが入っています。当然ながら、設置業者には、そんなことは分かりません。住宅メーカーを呼んでその場所を明らかにして貰う必要が有ります。

壁には、排気・吸気のパイプが出ますのでその大きさの穴を開ける必要が有ります。今の機械のほとんどは、1本のパイプで、排気と吸気ができるようになっています。更に、給油のための小さな穴も必要です。

この頃の販売店では、自らが設置までするということはほとんど行われていません。街の電気屋さんであれば、行うかもしれませんが、大手の販売店や、ネット通販では、独自には行いませんので、設置業者も必要です。

今回私は、昔からお世話になっているガス屋さん、吉田屋商店さんにお願いしました。

斜めに設置したいという私の希望に沿って、必要な部材も取り寄せて頂き、入念な検討もして頂き、思ったような設置ができました。

石油タンクはこれまで、90リットルのものを使っていました。そろそろ交換の時期が来ているとは言われていましたが、今回の暖房機設置のことも有りましたので、しばらく放置していました。今回のことで、200リットル入る大きめのものに入れ替えました。使用頻度によっては、大きなタンクは必要ないのかもしれませんが、半日以上使う場合は、やはり200リットル以上入るタンクが理想的ですね。そうすれば、月1度の給油ですみますから、

 

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ