栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


大災害時の鍼灸

今回は

「大規模災害に於けるAMDAの鍼灸支援活動

というタイトルの講演と実技の研修会でした。

 

東日本大震災や、今年起きた熊本地震にて、AMDAの活動の一つとして、鍼灸を行った経験談からのお話でした。

避難所生活となるとやはり、体の不調というものは、結構出てくることは、予測できます。

災害から二日間ぐらいは、緊急を要する事例、つまりは、ケガをはじめとする命に関わることが多い様で、もちろん、そんな時に、鍼灸は、どうかとは思いますが、需要があるのは、それ以後ということです。

 

プライバシー確保の難しい避難所生活・大勢の方との生活などなど、自宅で生活しているのとは、全く違う情況におかれる訳です。

眠れなくなったり、不安感が増したり、体のあちこちが痛くなったりすることと思います。

そんな時にこそ、鍼灸は生きるということですね。

 

数々の問題点や、はりを受けた方の声など、多数、紹介頂きました。

 

ある面、簡単に「ボランティアで...」などと考えていたことも有りましたが、そう単純なものではないこともよく分かりました。

しかし、そんなチャンスがあったら、私も是非、参加したいなと思ったところでした。

 

研修会後、宇都宮市内の料理屋にて、懇親会が行われ、飛び入り参加させて貰いました。

 

二次会は、更にそこから、近い、バーに連れて行って貰いました。

マスターが、ハスキーなすばらしい声で、我々のメンバーの中に、エレキギターを弾く方がおられ、また、客の中にも、楽器を演奏する方がおられたりで、ビートルズや、懐かしい曲を歌って楽しい一時を過ごせました。

まさか、こんな店が、宇都宮にあったとは、昔からこの通りはよく通っていただけに、小さな横道には、全く気がつきませんでした。
20161211.JPG

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ