栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


初めての岡山行き

東洋はり医学会瀬戸内支部が、今年発足しました。

東洋はり医学会では、凡そ、2年に1度の割合で、支部特別講習会と称して、支部へ本部より講師が、出向しています。

今回、私が出向することとなり、初めての岡山へ行くこととなりました。

せっかくなので、以前より気になっていた「寝台特急サンライズ瀬戸」に乗ってみようと思い、寝台券発売の当日、隣の那須塩原駅まで、切符を買いに行きました。最寄りの西那須野駅では、みどりの窓口が無くなってしまい、切符の購入は券売機のみとなってしまっています。もしかしたら、寝台券も券売機で購入することができるのかもしれませんが、とにかく、機械は苦手、そういう者には、大変面倒なことですが、仕方有りません。

当日は、東京駅の工事の為か、東海道線は全て、品川発となっていました。

「サンライズ瀬戸」の表示が、時刻を表示する案内板に出ると、結構皆さん、注目していたようで、やはり、任期の列車であることがわかりました。

ホームに行くと、列車に乗るにしては、多すぎると思われる人数が集まっていました。よく見ると、皆さん、カメラを持った人や、ビデオ撮影するのか、本格的な機材を手にしている人たちが多く集まっていました。

なるほど、「てっちゃん」だなと、思いつつも、私も何とか写真を撮ろうとしましたが、思うように好きな場所に行くことができない。加えて、夜ということで、せっかく撮影しても、思うような写真にはなりませんでしたので、残念ですが、ここに紹介することができませんでした。

多人数が集まっている風景のみです。\(^o^)/

IMG_0008.JPG

入線するや否や、シャッター音があちこちから聞こえてきました。私の寝台は先頭車両の1号車、ドアの開くまで、ずっとシャッターを切っていた人もいたくらいで、そんな中、乗り込みました。

1号車1階は、シングルの個室だったようです。そこそこの広さで、私でも脚を伸ばして寝られる程度の寝台になっていました。

浴衣とスリッパが有り、枕元には、時計とラジオ、室内灯。ラジオはNHKのFMのみ。熱海ぐらいまでは、聞くことができましたが、それ以後は、ほとんど聞こえない状態、これは、何とかして貰いたいところですね。

車掌さんがきっぷの確認にくるまでは何となく、落ち着かないので、寝台の上で、ボーッとしていました。何かと車掌さんも忙しいとは思いますが、早めに来て貰えれば助かりますね。

その後は、酎ハイを飲みながら寝てしまいました。

朝起きると、琵琶湖付近で霧のため、1時間近く遅れているとの放送。本当は、瀬戸大橋を渡って、坂出まで行くつもりでしたが、岡山で、会則に乗り換えれば可能でしたが、判断ミス。瀬戸大橋手前の「児島」で降りることになってしまいました。→残念。

 

講習会に遅れる訳には行かないので、これも仕方有りません。時間通りに、岡山駅に到着すると、出迎えの支部長さんとお会いできて、ちょっとした打ち合わせを駅のカフェで行い、支部会の会場である市内の公民館に行きました。

公民館というヒビキも、懐かしいですが、内装がまた、レトロというのでしょうか、木の床で、かなり落ち着いた雰囲気、しばらく木のぬくもりからは、遠ざかっている現代社会、やはりいいもんだと思いつつも、支部会の日程は予定通り進行されました。

 

最初の講義は「学よりも術を」、嘗て、東洋はり医学会の会長であった福島弘道先生が行っていた演題をお借りしました。

経絡治療の学び方から、その臨床実践まで、基本的なことをお話し、その後、実技を1次元、昼食を挟んで、午後は、やはり、小里方式を中心とした治療の流れを行いました。

参加者全員で証を決め、みんなにはりをして貰い、それについての適否を判断。標治法の工夫などを、話しながら進めました。

夕方4時45分まで、しっかりと勉強し、再び、岡山駅へ。

 

駅構内は、大変な混雑ぶりで、ほとんどは、他県からの人かとは思いますが、各店で、品定めをしていました。

岡山といえば、やはり「きびだんご」ですよね。特に、岡山できびが、そんなに取れる訳でもないでしょうが、やはり、桃太郎のことから、でしょうけど。

昔ながらのきびだんごというのと、もも・ぶどうの酒を買って、支部長さんとお別れしました。

 

帰りは、新幹線、以前、名古屋からしか乗ったことのない「グリーン車」にしました。指定席に6千円程度の上乗せで、グリーン車なら、いいんじゃないかということで、弁当とハイボール・つまみを買い込み新幹線へ。

東京からの新幹線は、普通車でしたので、その違いが大いに感じられたグリーン車でした。やはり、静かだし、座席がゆったりしている。背もたれも結構倒れる。などなど、さすがにいいですよね。

 

今度、乗ってみたいのは、東北新幹線の「グランクラス」、北陸新幹線でもいいんですが、できれば、東北新幹線で、のんびりと函館まで行ってみたいものですね。

 

以上、長々と書いてしまいました。もし、読んで頂けた方がありましたら、感謝します。是非、「お問い合わせ」のフォームから、メールください。感想でもなんでもかまいません。

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ