栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


6月の活動

6月の活動
 
今月も、鍼灸に関する研修会などに、参加しました。
更に、今回より、お寺の研修会にも参加することとしました。
 

連研

栃木県北部の11ヶ寺で、行っている
門徒推進委員養成連続研修会、略称を、連研というものですが、2ヶ月に1度の割合で開催されます。
栃木県北部の11箇所の寺に行き、参加者でお経を上げて、毎回決められているテーマにそって、ディスカッションを行うというものです。
 
今回は、開講式ということで、研修会のあらましについてのお話でした。8月より、正式に始まります。
 
私は、以前より仏教には、大変興味を持っており、勉強してみたいなとは思っていたのですが、5月、母の命日に墓参りに行った際、住職と少々、話をした際、この研修会のことをお聞きしました。
しかし、鍼灸の研修会などがあり、なかなか思うように行かないと思い、その時は、お断りさせて頂きました。
しかし、学会の先生方及び、住職のお骨折りも頂き、参加することにしました。
今後が、楽しみです。
 
鍼灸の研修会活動ですが、今月は、東洋はり医学会及び、栃木県鍼灸師会の研修会に参加しました。
 

指導部研修会

東洋はり医学会では、例年7月末に、夏季研修会として
経絡治療学術大学技術講座
国際指導者研修会
の二つの研修会が毎年、交互に行われています。
今年は、国際指導者研修会が行われますが、そのリハーサルとして指導部研修会が、開催されました。
この研修会は、正副会長が、講師となり、各グループの実技を担当するということで、私は、単なる受講者といってもいいくらいなのですが、本部理事としては、受講者に徹している訳にも行かないので、実技が、上手く進むような施策を取らなければなりません。
そこで、このようにリハーサルに参加する訳です。
 
午前・午後と、みっちりと、実技の進め方を本番の日程に従って、行いました。
また、7月にも開催する予定ですが、そうして、7月末に、本番ということになります。
 

鍼灸臨床安全研修会

(一社)栃木県鍼灸師会では、毎年、この研修会を行っていますが、今回のテーマは、救急法についての研修会でした。
宇都宮市消防局より、2名の職員の方にお出で頂き、講師として、救急法の処置について研修を受けました。
このような研修会は、数十年前、鍼灸師会に入会した頃にも受けましたが、もう、ずいぶん前のことでも有り、今回、受けて良かったと思いました。
蘇生術としての心臓マッサージ・AEDの使い方、そして、実践さながらにそれらの処置の流れを、参加者全員が体験するというスケジュールで行われました。
AEDは、あることは知っていましたが、実際に使用したこともなく、その使い方さえ、全く知りませんでしたので、これでもし、そんな場に出くわしたらできるかもしれません。→私にその勇気があるかどうかですけどね。
 
消防署が開催するこのような講習会に出席すると
普通救命講習修了証
というカードタイプの修了証が交付されます。
 
交通事故など、色々な場面にでくわすこともきっとあるはずです。講習会を受けていれば、対応できることもあるかもしれません。しかし、何も知らなければ、手を出すなんてことは、きっとしないことでしょう。特に、心肺停止となれば、最初の3分・5分が勝負です。救急車が到着するのに最低でも、5分はかかります。蘇生術を知っていれば、もしかしたら対応できるかもしれません。
是非、皆さんも、そんなチャンスがあったら、このような講習会に参加してみて下さい。
2016anzen.JPG

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ