栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


東洋はり医学会の研修会 その2

東洋はり医学会の研修会 その2
東洋はり医学会の本部会員になると、まず、講習部会の
普通部1年に、配属されます。
本部例会には、講習部会と、研究部会の二つが有り、入会したては、この講習部会 普通部1年生ということになります。
因みに、講習部会には、普通部1年 普通部2年 高等部が有り、3年間が、基礎を学ぶ期間ということになります。私が、入った頃、高等部が2年間でしたので、基礎の部分は、4年間であったということになります。
 
朝の朝礼
午前9時15分ぐらいから、点呼が始まります。ここからが、研修会の始まりです。
点呼が終わると、その日の日程が知らされます。各学年全て
次に、全員起立して、杉山和一及び、会の先人たちへ感謝の黙祷が行われます。
杉山和一という人は、江戸時代に活躍した視力障害者の鍼灸師で、彼の存在なくしては、今の我々はあり得ないという人です。
このことについては、別に書いてみたいと思っています。
黙祷が終わると、綱領の唱和が行われます。
司会者につづいて、参加者全員で綱領を唱えています。
 
次に、綱領解説または、時事感想が行われます。この二つは、月ごとに交互に行われています。
 
綱領とは、
1、我々は、臨床を通して古典を再検討し、病体を通じて経絡経穴を把握し
以て伝統的な鍼灸術の本道を体得せん事を期す。
 
1、我々は、正しい経絡治療の学理と術技を修得する事によって
鍼灸人としての人格と実力を涵養し
以て鍼灸家の社会的地位を確立せん事を期す。
 
1、我々は、古典による経絡理論を正しく理解実践し、経絡経穴の普及啓蒙に努め
以て偉大な祖先の文化遺産を伝承せん事を期す。
 
この3つの綱領について、会長から説明を聞きます。
既に、我々は、何十回というより、もっと聞いていますが、何時も、気持ちを新たにさせられる思いです。
 
次に、会務報告
事務局・総務部・会計部・学術部・指導部・広報部の順に、必要事項を連絡しています。
 
ここまでで、10時近くになります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ