栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


東洋はり医学会の支部会

東洋はり医学会の支部会
東洋はり医学会には、本部例会と、支部例会が有ります。この二つの例会(研修会)に、出席しなければなりません。
今の時代、毎月、日曜日が2回、つぶされてしまうというのは、若い方には、なかなか厳しいものなのかもしれませんが、鍼灸一本でこれから、やっていくということで、あれば、しかたないのかなと思います。
私の様なグウタラな人間には、そのくらいやっても、足りないのかもしれませんが、今回は、その支部会について書いてみます。
 
東洋はり医学会には、現在、52支部有ります。そのうち、国内に、38支部、海外に14支部が有り、それぞれに、活動しています。
海外にも支部が有り、活動しているのは、鍼灸業界では、東洋はり医学会のみです。
単発的に、海外へ行き、講習会などを行っている団体や、個人は沢山有りますが、常設の支部を持っているのは、東洋はり医学会だけということになります。
 
私が、嘗て所属していたのは、埼玉支部 でした。
当時はまだ、勤務していた訳ですが、埼玉県の春日部市まで、毎月通っていました。
 
今でも、ほとんどの支部活動は同じようなものかと思いますが、午前中は、座学で、午後から実技研修という形で、進められています。
もちろん、それぞれに、テーマを持って行っています。
 
埼玉支部は、当時、春日部に引っ越して来られた 設楽義則 という方が、新たに、支部を作るということで、誘われ、入ったということになります。もちろん、私の家から、一番近かったのが、ここだったということで、他に、選択肢は有りませんでした。
残念ながら、栃木県には、支部はなく、近隣のどこかの支部に所属しなければなりませんので、誘われたということになるのでしょう。
 
新設の支部ということで、参加者は、この道に入って5年未満の方がほとんどでした。支部長自身もまだ、6年目の方でしたが、そりゃもう、丁寧に色々と教わったものでした。
 
私が支部長を引き受けた時は、7年目ということで、改めて考えてみれば、初代の支部長と同じ程度の年数であったんだなと、しかし、技術には、全く自信もなく、とうていやって行けるものではないと思っていました。
指導者に、
それでいいんだ
などと、言われても、営業的に成功していなかった私には、とうていそんなことは、信じられず、
うそつけぇ
などと、思っていたものでした。
それが、結局は、成長を、阻害していたのかもしれません。
素直に、もっともっと努力していれば、良かったんだなと後悔するばかりです。
 
次回は、研修会の内容を、書いてみます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ