栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


はりが痛い

はりが痛い
 
はりは、痛い。この治療を勧めるとどうしてもこのことを聞かれたり、かなり痛い思いをしている人がいるのも、また、事実です。
注射などであれば、1本か、2本ですみますが、我々のはりは、そうは行きません。
場合によっては、全身に、数十本を刺さなくてはなりません。
それが、どれも「チクリ・チクリ」と痛くてはとても耐えられない人もおられることでしょう。
学生の頃、どうやったら痛くなく刺せるのか、一生懸命練習したものでした。
 
先日も、患者さんと話をしている中で、この話が出て
「先生は、研修会でお互いにはりをしあっているから、いたいのか、そうでないのかが、わかるのではありませんか」
と、言われました。
 
確かに、そういうことはあるでしょう。
 
私の所属する 東洋はり医学会 は、研修会といえば、お互いが患者になったり、治療家になったりしながら、研修会を進めています。
はりを、刺させて貰うだけでなく、患者役にもなって、お互いの練習をする訳です。
 
先日の研修会でも、指導していると、なんだか、患者役の会員が、体を、もじもじさせている
「どうした...」
と、聞くと
「はりが痛い」
と言います。
 
鍼灸師の会員でさえ痛みに耐えている訳です。治療室に来る患者さんが
「痛い」
などと、言ってくれるはずがないですね。
 
また、はりをする際、
 
鍼管(しんかん)
を、使う人がほとんどかと思います。
 
これは、江戸時代の杉山和一という人が、はりを上手く刺せるようにと考え出した方法ですが、痛くなく刺す為の道具を使っても痛くてはどうにもなりません。
 
また、この鍼管を使ってはりをする際は、
 
トン・トン・トン
と、たたいて、はりを刺入しています。
この
トン・トン・トン
が、嫌いなんですと、言う人もいます。
 
私は、鍼管は、使わずに直接、はりをしていますので、そういったことは有りません。
 
ということで、はりが痛いのは、本当は、鍼灸師の問題だったという話でした。
 
この痛くなくはりをするという課題は、一生、この仕事に従事している限り、考えていなくてはならないことと思っています。
 
練習を兼ねて、毎日、自分にはりをしています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ