栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


4月の活動

4月の活動
今月は、比較的のんびりといった感じだったかも。
 
3月末、鍼灸師会の元会長が亡くなられ、通夜か、葬儀に行きたかったのですが、仕事のことも有り、思うように行きませんでした。
そこで、日曜日に、自宅へおじゃましました。
現在は、二代目が、継いでいますが、せんこうを上げ、しばらくおしゃべりさせて頂きました。
 
昔は、宇都宮はよくあそんでいたりしていたところでしたが、ここ数年は、あまり行くことも有りません。
駅前も、少しずつ、店が変わったりしていますが、歩いてみると昔あった店はなくなって、新しくなっていたり、まだ、残っていたりと、懐かしかったり、「へぇ...」などと思いつつ歩きまわってみました。
 
東洋はり医学会の活動としては、新会員の審査会が有り、今年は、25名の新会員が決まりました。
当初、なかなか応募が来なくて、このままではどうなってしまうのか、大変心配しましたが、やはり、国家試験の結果が気になりますよね。新卒の方は、これが通っていなければ申し込みも躊躇するのも当たり前の話。
しかし、既に免許を持った方でも、締切日ギリギリにならないと申し込みをしないというのは、どのような理由があるのか、探ってみたいところです。
 
また、今年は、初めて、入会締切日を延長しました。
4月に入会した人と、同じ条件の会費などの支払いにはなってしまいますが、今からでもやってみたいという方、是非、応募してみて下さい。
東洋はり医学会
のトップページ、左下の方に、募集の案内が有ります。
書類は、これまでのものを使っていますが、締切日が8月31日になります。
多くの方の応募をお待ちしています。
 
ということで、今年は 第56期生の入会式が24日に行われました。
新幹線に乗り、何時もより早めに行ったつもりでしたが、皆さん、既に集まっており、準備も始まっていて、さすがってな感じでした。
会場設営を行い、皆さん集まりだし、座る位置などの細々とした事項を確認。
いつものように、たんたんと日程が過ぎ去りました。
おぉっ。そだそだ。入会式の報告書を書くのを、忘れていました。
詳しくは、東洋はり医学会の機関誌を、ご覧下さい(笑)。
午前中は入会式、午後は、講義などの後、普通部1年では、経絡治療の体験が行われていましたが、総務部では、新会員の面談が行われ、支部配属と住所などの確認を行いました。
今年は、欠席者が2名も有り、この点だけが、少々、気になったところでした。
 
杉山和一記念館 落成祝賀会
入会式などが終わり、その後は、上記、祝賀会に出席しました。
朝から慌ただしい1日でしたので、祝賀会の冒頭に行われた琴の演奏などでは、少々、気を失いそうになりながらの観覧となってしまいましたm(__)m
第一ホテル両国というホテルでしたが、天井が高く、なかなか良い所でした。初めての会場に行くと、役柄か、どうしても会場の状況というのが気になってしまうんですよね。
名前などは、紙上で聞いたことのある方々のあいさつなどを聞き、祝賀会はなかなか良い会合でした。
私としては、珍しく隣の人とも話ができて良かったと思っています。
人見知りで、恥ずかしがりやですから、なかなか知らない人との会話というのが苦手です。
なぜって、話題をどこに持って行ったらいいのかなんて、皆さんにとってはどうでもいいようなことで、気になってしまうんですよね。
幸い、今回は、鍼灸のことについて、質問されたので、色々としゃべってしまいましたが、そういう話ならいざしらず、一般的な会話というのが、苦手です。
もっともっと、社交的にならなきゃね。一生涯の私の課題です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ