栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


★★疲労その3・病的かどうか

★★疲労その3 病的かどうか
那須塩原市の鍼灸院 木下はり療院の木下敦夫です。
 
疲労も3回めになりました。
 
まずは、いつもの様にウィキペディアからの引用です。
==========
また、病的かどうかにより分類すると、生理的疲労と病的疲労に区別される。生理的疲労とは、基礎疾患のないもので、自然の状態で回復が可能な範囲で、活動量が休養のレベルを上回る場合に現れるものである。病的疲労とは、癌、AIDS等の身体疾患やうつ病、睡眠障害等の精神疾患が存在する場合や、慢性疲労症候群等持続的な疲労を特徴とする疾患による疲労のことである。病的疲労には発熱、リンパ節の腫れ、記憶障害などの他覚症状を伴うこともある。
疲労すると男女共に違う特徴が出る。男性は大抵疲れると無口になったり元気がなくなるが、女性の場合はイライラしたり他人に八つ当たりをする等特徴がやや違う。
==========
 
休養の量より、活動の量が大きければやはり、疲労はおこるのは当たり前のことですね
しかし、それがなかなか分からないからいつの間にか...ということにもなりますし、
仕事であれば、どうしても頑張らなくてはなりませんから、疲労覚悟でやってしまう訳です。
 
しかし、それが、続くと疲労を感じなくなってしまい、いつの間にか
 
慢性疲労症候群
 
ということにもなりかねません。
 
 
さて、男女での違いというのも有りましたが、これはなかなか面白いことですね。
まぁ、極一般的なことで、全てがこれに当てはまるとは、考えないで下さい。
 
じょうきょうによっても違いはあるでしょうし、私などは、確かに、あまりしゃべらなく
なるかもしれないし、疲れているのに、どうして、八つ当たりなんてするんだと思って
しまうかもしれません。
そんなことをしていたら、逆にエネルギーがなくなりそうだから、
 
とにかく、状況は色々だということを、ここでは、理解できればいいと思います。
 
つづく
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ