栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


腰痛は酷くならないうちに治療しましょう

陸上競技やスキーなどで、傷めた場合を除いて、来院する多くの方は、加齢による変形性膝関節症が多い様です。
もちろん、スポーツ障害であっても、外傷の治癒後であれば、鍼灸治療は有効です。
 
変形性の膝関節症の場合、時には関節部に水が貯まることが有ります。
患者さんの話をお聞きしますと、最近は、この水を抜くという行為はあまり行われなくなったようです。
水を抜き続けると関節の変形は更に、進み、膝がほとんど曲げられなくなってしまいます。
水は、必要があってからだが出している訳ですから、それを、人為的に抜いては行けません。自然に引かせる必要が有ります。
鍼灸治療に寄って、関節部の循環を改善させることにより、自然に引いて行くものです。
 
私はよく、疲れすぎとか、使いすぎだと言いますが、日本式の生活の場合、膝を曲げる動作は意外に多いものです。
年齢を重ねるにつれて、これらの動作は、トータルでは増えて行くことは仕方のないことです。
当院の脉診流経絡治療によって、少しでも、その促進を抑え、快適な生活が続けられるようにして下さい。
 
膝の痛みを訴えて来院された患者さんの話
ある時、娘さんに支えられながら来院された方がおられました。
診ると、右膝が腫れ上がっており、熱も結構持っていました。
4,5日前ぐらいから、痛み出し、マッサージをしたとのこと。
マッサージを急性の痛みに対して行う際は、注意が必要です。
痛んでいる局所は、避け、その上側、つまりは、局所の部分には手を付けず、その心臓に近い側に行わなければなりません。
局所にマッサージなどを行うと、逆に、腫れを増大させることに繋がります。
 
患者さんは、農業を行っており、田んぼや畑は、常に手入れをして上げなければ良い作物はできないんだということを、私に教えてくれました。
私は、体も同じですよ。年齢を重ねるとだんだん回復力が衰えてきます。
からだも、手入れを行って上げて下さいね。
ということを話したところ、えらく納得して頂けました。
 
初診の日から、2.3日ご、再び、電話が有り、また、治療をお願いしたいとのことでした。
いかがですか
お陰さまで、だいぶいいようです。
ということで、数回のはり治療で、当初の痛みは治まりました。
 
依頼、この方、月に1,2回、治療に通うようになりました。
 

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ