栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


こんな症状にもはりが!!!、捻挫・打撲・骨折後遺症などなど

捻挫・打撲・骨折後遺症
 
捻挫・打撲は、特に他に問題がない場合、鍼灸治療は、かなり有効的です。
 
打撲・捻挫
内出血などで、皮膚面が黒くなっているような場合、鍼灸治療を行うことにより、吸収させることができます。
通常は、冷湿布などで、腫れ・痛みの引くのを待つのみですが、はりを行うことにより、その回復を驚くほど早く、することができます。
但し、骨などに損傷がない場合に限ります。
損傷箇所がある場合は、医師の治療が必要となることが有ります。
 
骨折後遺症
骨折後、ギプス固定などで、完全に骨の結合ができると、多少のリハビリテーション、つまりは、運動法などが必要となります。
長期間、あまり動かさずに過ごすと、動きは悪くなるものです。
また、痛みの残ることも有ります。
この際、鍼灸治療が有効です。
 
骨折後遺症の例
ある時、60代の女性の方が来られました。
この方、時々腰痛などで、来院されていた方でした。
左手首のちょっと上の部分を転んだ時に骨折してしまったという。
固定はもう、外れたが、その後のリハビリが必要と言われたが、近くに何時も行っている鍼灸院があるからと医師に説明したところ、電話帳で確認。
 
ならば、いいだろう
 
とのことで、来院したという。
手首を動かすと、その方向によっては、痛みが出るとのこと。
その周辺を中心に、からだ全体を整える脉診流経絡治療、いつもの治療法ですが、数回、行いました。
痛みは、ほとんど消失し、特に問題はないという。
痛みで、手をつくことができなかったが、今は、何ともない。
 
以前、私は、ぎっくり腰になり、ある程度の痛みがなくなったので、散歩に出ました。
楽になったとはいえ、まだ、腰には違和感は有りました。
多分、歩く際、足が十分に上がっていなかったものと思います。
ほんのちょっと出っ張っていた側溝の蓋に躓いて転んでしまったのです。
その時は、特に痛みは有りませんでしたが、夜になると、ジワジワと痛みが出て来ました。
左側の第三肋骨付近、外側です。
念のため、レントゲンを取って貰おうと病院に行ったところ
ヒビが入ってますねと言われてしまい、サポーターで、固定。
これで、だいぶ痛みはなくなりましたが、1週間すぎても、軽い痛みが残りました。
そこで、痛みのある場所をよく確認して、台座灸を一つ
たったこれだけで、痛みはなくなってしまいました。
 
捻挫・打撲
これも、時々来院される方がおられますが、私も何回かやってますm(__)m
簡単なはり・灸で、痛みはなくなりますので、ずいぶん助かってます。
足の小指をちょっとドアにぶつけてしまったり、少し、高くなっているところに、足を出してしまい、足首をひねる。
こんなことは、普通に生活していても、結構皆さんやってしまうことではないでしょうか
 
10代の頃、部活動・運動会などでは、しょっちゅう、捻挫・打撲なんてやっていました。
特に、足首の捻挫などは、1週間とか、2週間など、整形外科にかかっていたものでした。
その時に、はりで、治ることが分かっていたらと思うと、ちょっぴりもったいない日々を過ごしてしまったかと思います。
 
突き指などをすると、しばらく手が使えなかったりで、非常に不便ですね。
こんな時にも、はりで痛みを取り去ることができます。

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ