栃木県那須塩原市で3万人以上の施術実績をもつ鍼灸専門院は木下はり療院

木下はり療院


那須温泉

近くに住んでいながら、那須温泉は、かなり久しぶりでした。
毎年、8月末の日・月は、東洋はり医学会の有志で、関東近県への一泊旅行を行っています。まとめているのが、私なので、私の独断と偏見?で、行き先は決めてしまっています。
「どこでもいいんだよ...」などという意見も有りますので、まぁ、どこかに行って大いに騒いで、しゃべってということに、意味があるのかもしれません。
 
今回は、親戚の法事が有りましたので、時間的に間に合わないかと思いましたが、そうでもなく、逆に、余裕を持って、那須塩原駅に行くことができました。
 
私の勘違いで、宿までは、タクシーになってしまいました。というのも、シャトルバスがあると宿からは聞いていましたが、なんと、それは、東野バスの路線バスが、旅館組合などと提携していて、連絡して置けば、乗車できるという仕組みになっていたものでした。
そうとは知らず、東野バスは、ゆーゆーと目の前を通り過ぎて行き、「あれじゃない...」などと、のんきにかまえてしまっていたのです。
皆さんには、申し訳ないことをしてしまいましたが、それほどの文句も出ず、無事に宿に到着しました。
今回宿泊したのは、グランドホテル愛寿というところでした。
正直、このホテルは聴いたことがありませんでした。患者さんに聞くと、結構皆さん、知っていましたので、昔からあったのでしょう。
 
宿に着けば、すぐさま「酒」ですよね。新潟の先生が、うまい酒を持ってきてくれたり、地元の那須に住んでいる人が、天鷹の酒を、わざわざ届けてくれたりで、酒は十分でした。
 
風呂に入って、いよいよメイン?の宴会です。最初から、カラオケの連発で、このために来ているのかというほどに、皆さん、歌います。
「おまえら、本当に仕事してるのかよ」
って、思われてもおかしくないほどに、上手いです。私なんて、とてもじゃないが、歌える様なもんじゃない。最後の方で、1曲だけやりましたが、何時も、カラオケは、上手くなりたいとは思いつつも、練習しなきゃ、そうはならない訳で、患者さんにも、専門家がいて、アドバイスはされますが、怠け者の体質は変わりません。
 
2時間以上、飲み放題で、歌いまくり、部屋に戻ってもまだまだ飲む。いったいどれだけ飲んだら...、などという話は通じる訳もなく、12時過ぎぐらいで、やっと終わりました。
さすがに、皆さん、年取りました。以前は、夏季研修会などでは、明るくなるまで飲んでいて、それでいて、技術指導までこなしていたのですから、年には勝てないということでしょうか、私も年取りましたね。
 
翌日は、またも、トラブル発生。またまた、シャトルバスで、止まらない停留所で待っていたとう有様。ちょっと注意していれば、わかったものの、それをしていなかった私の責任でした。しかしながら、次のバスに乗ることができて、道の駅へ。
しばらく、園内を巡ったり、昼飯にそばを食べたりで、なんとか日程終了。
 
那須塩原駅へ到着すると、もう、新幹線の時間ギリギリ。あわててきっぷを買って貰い、皆さんを無事、見送ることができました。
 
皆さん、ご苦労さまでした。そして、申し訳有りませんでした。
今回は、ちょっと下調べが不足していてトラブルになってしまいました。次回は、そんなことのないように十分に調べたいと思っていましたが、次回は、宿は、別の先生が考えてくれることとなり、私は、行き帰りの交通のみを考えることになりました。
 
行き先は、金沢。せっかくなので、新幹線は、グランクラスと、考えています。いくらぐらいかかるのかも分かりませんが、これは、かなり楽しみです。本当は、函館まで行く時に、グランクラスと思っていたのですが、突然、金沢という話が出ましたので、ここで、乗ってみることにします。10月にも、金沢には行くのですが、この時は、きっとただの指定席でしょうし、グリーン車でさえ、それほど乗ったことがありませんから、どんな感じだろうと今からワクワクしています。
 

木下はり療院のご案内

住      所:
〒329-2731
栃木県那須塩原市二つ室217-2
アクセス:
JR西那須野駅からタクシーで5分
市営循環バス ゆーばす JR西那須野駅東口より 5分 二つ室公民館下車 徒歩1分
東北自動車道 西那須野塩原インターより20分
お問い合わせ・ご予約
0287-37-0929
受付時間:
【午前】
9:00~11:30
【午後】
14:00~18:00
完全予約制
休診日:
日曜日のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ